デラシネ(根無し草)のごとく色々な国に流れ着いてはたゆたうような生活です。 故郷に落ち着いて根を張れるのはいつのことやら。 ゆるゆると流れる日々を綴ります。


by deracine1999

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お出かけ
ベジ
日々の徒然
お気に入り
思い出
つぶやき
自己紹介
お仕事
the five senses
お知らせ
amebaブログ(お休み中)
PHOTO LESSON
アンティーク、ブロカント
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 06月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 07月
2009年 06月

フォロー中のブログ

地球のほぼ裏側から・・・
ポキ山さんぽ♪
A quality life
Luelle 

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(2)

その他のジャンル

メモ帳

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

  時々つぶやきます。。。


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

le temps passé

a0133439_136455.jpg


過ぎ去った時。。。。。



いつの頃からか古いもの、アンティークなものに
惹かれるようになっていました。


時は立ち止まることなく
過ぎ去っていくけれど
その時と共に産まれた物は
静かなたたずまいと共に残っていきます。

時が刻まれたような
色合い、味わい。


アンティークにも色々なジャンルがあるのですが
私が最近集めているのは

papeterie(パペトリー)と呼ばれる
フランスの紙もの。


古いポストカード、土地の登記書などの古文書、楽譜、
クロモと呼ばれるプロモーション用のカード、
紙で出来たおしろいの箱、ソープボックス、
古いラベルや包装紙。


もちろん金属のものや、陶器のもの、木製のものなども
好きなのですが、
紙というもろくて儚いものが、100年近くの時を経て
この現代に残っている、という奇跡のような事実が
なんとも愛おしい。


それに、装飾的なレタリング、色合い、デザインは
今の時代では見つけることの出来ない懐かしさ、美しさです。



特にやはりフランスのものは
実に繊細でエレガント。
手元に集まってくるのはフランスものばかりになってしまいました。



去年くらいからおつきあいしている
パリ在住の女性のディーラーの方のコレクションは
まさに好みのストライクゾーン。



新しいものを見るたびに
あまりの美しさにどれもこれも欲しくなって
胸がドキドキ。



恋に落ちるような
思いで、結局沢山購入してしまいます。



ピンクの箱は1880年〜1938年迄存在したフランスのパフュームリー、
CHARLES GRANT=CH.GRANTのパウダーボックスです。



優しいピンクに華やかなゴールドのガーランドが
華やかで、フランスでもコレクターに大人気のモデルだそう。



フューシャピンクのお花のほうは
1920年代の帽子用のアンティークコサージュ。

くったりとした手触りが優しくて
アカツメクサのような可愛い17輪の花は
どれも微妙に色が違ってそのグラデーションがとても綺麗。




どちらもデットストックものということで
100年近くの時を経ても驚くような美しさ。


まるでタイプカプセルのように
当時の空気感をまとっています。




特別お気に入りの
石やピアスをいれようかな。。。。
by deracine1999 | 2011-07-07 13:28 | アンティーク、ブロカント