デラシネ(根無し草)のごとく色々な国に流れ着いてはたゆたうような生活です。 故郷に落ち着いて根を張れるのはいつのことやら。 ゆるゆると流れる日々を綴ります。


by deracine1999

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お出かけ
ベジ
日々の徒然
お気に入り
思い出
つぶやき
自己紹介
お仕事
the five senses
お知らせ
amebaブログ(お休み中)
PHOTO LESSON
アンティーク、ブロカント
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 06月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 07月
2009年 06月

フォロー中のブログ

地球のほぼ裏側から・・・
ポキ山さんぽ♪
A quality life
Luelle 

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(2)

その他のジャンル

メモ帳

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

  時々つぶやきます。。。


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Les roses de reve

a0133439_16381073.jpg


        

    

   「Luelleが恋した薔薇の秘密  〜真夏の夜の夢〜」


         










文字通り、Luelleが恋に落ちたのは

Rose Farm KEIJIさんの薔薇。

雅子妃ご成婚の折に捧げられた
「プリンセス・マサコ」を生み出した名門バラ園です。


30年前にヨーロッパで薔薇育成技術を学んで
帰国された國枝啓司さんがお父様のバラ園から独立され
立ち上げられたRose Farm KEIJI。


30年間という長い間に
Rose Farm KEIJIから生み出された薔薇たちを親として
生み出された
「和ばら」という
日本発のばらの世界観。

惹き付けられずにはいられない
そのコンセプト。
KEIJIさんのHPでの言葉をご覧下さい。

ちなみにROSE Farm KEIJIでは
國枝啓司さんは「2代目」。
さらに「3代目」と呼ばれる息子さんの
國枝健一さんが頑張っていらっしゃいます。

a0133439_16202337.jpg



健一さんは
なんとドイツにサッカー留学していらっしゃった
スポーツマン。

体の故障のため
帰国なさったあとお父様のバラ園に。

ヨーロッパで生活し
日本を外から見た経験のある健一さん。


彼の感性と情熱が
これからまたどんなバラたちを生み出していくのか。

ますます目が離せません。



生け花も
イギリスから始まったフラワーアレンジメントも
もともとお庭や自然の中に咲く花たちを
花籠を手に花を摘み
自然な風情を活かして生けていったもの。



前回のイベントでの
数々のグランメゾンからオファーの絶えない
I'llonyの谷口さんの作り上げるブーケは
まるで
バラ園をはさみを手に
散歩しながら作り上げたような
ナチュラルな豪華さでした。


市場に出回らない
つる薔薇やつぼみの薔薇が
いたずらっ子の微笑みのように
リズムのあるアクセントを作っています。


KEIJIさんの薔薇は
とても艶やかでそして
たおやかでしとやか。


華やかさの中に
野に静かに毅然と咲く野薔薇の
強さと気品を持っていると思います。


そして私たちの中にある
「日本」の感性。
どことなく儚げな、
そして物思うような「和」の風情。

谷口さんもブログ
KEIJIさんのバラの魅力を語っていらっしゃいます。
(5月18日の日記)



今回の谷口さんのレッスンでも
KEIJIさんのばらを贅沢に使ったブーケを。

去年6月の家庭画報のバラ特集での数ページに渡る
紹介や、数々のフラワーの雑誌などでの掲載。
メディアなどで目にすることが増えてきているRose Farm KEIJIのバラですが
なかなか実際、手に入れる機会は少なく、難しいかも。

I'llonyとKEIJIさんのバラという
夢のようなコラボです。


120人の方が集まって下さった前回とは
趣を変えて
今回はこじんまりと少人数で。


谷口さんのレッスンもじっくりと
受けて頂くことが出来ます。

ブログを見れば分かるように
美しいお花をさらに
セクシーに艶っぽく撮影する谷口さん。
数々のグランメゾンからのオファーの絶えないI'llonyのお花たち。
見ているだけで溜め息の出そうな美しさです。

谷口さんから撮影のこつなども
伝授して頂けるかもしれませんよ☆

場所は
前回と同じLuelleがテナントとして入っている
芝川ビルのモダンテラスです。

谷口さんが撮影された
美しい薔薇たちを
モダンテラスの屋外プロジェクターで映しながら
夏の夕暮れビルを抜ける風をほおにうけ
音楽と共にKEIJIさんの薔薇を手に取り
香りを楽しみつつブーケを作る。


素敵な夏の思い出になるのでは?
ぜひお出かけ下さい。


お申し込みはLuelleの公式ブログからどうぞ。
by deracine1999 | 2011-07-11 15:14 | お知らせ